エスゾピックS-ZOPIC(ルネスタジェネリック)の口コミ評価まとめ

エスゾピックS-ZOPIC(ルネスタジェネリック)の口コミ評価まとめ


睡眠にはこちらもお勧め

メラトニン(Meratonin)5mgオレンジ味[Source Naturals社製]

エスゾピックS-ZOPIC(ルネスタジェネリック)の概要

ジェネリック名称 エスゾピック S-Zopic
先発品名称 ルネスタ Lunesta
有効成分 エスゾピクロン Eszopiclone
効能・効果

不眠症

エスゾピックS-ZOPIC(ルネスタジェネリック)総合評価のまとめ

エスゾピックに関するネット上の3つのサイトの総合評価と後述する口コミのビッグデータ分析結果の合わせて4つの視点で総合評価をまとめたのが下記です。いずれのサイトでも90%以上の高い評価を獲得しています。

5段階評価

%換算

オオサカ堂

4.5

90%

アイドラッグストア

4.6

92%

おくすりナビ

4.6

92%

当サイト評価

3.1

71%

エスゾピックS-ZOPIC(ルネスタジェネリック)口コミ評判まとめ(ワードクラウド)

当サイトではネット上の口コミから500件を抽出して、テキストをビッグデータ分析を実施いたしました。もっとも口コミで語られているのは睡眠薬としてはポジティブな「眠れる」というキーワード、多くの人は薬効に満足しているようです。一方で、ネガティブなワードとしては「苦味が目立ちます」

エスゾピックS-ZOPIC(ルネスタジェネリック)と比較検討されている、併用されている薬はなに?

同じジェネリックである、ハイプナイトがもっとも多く、先発品であるルネスタ、次いで作用機序の異なるマイスリーなどの薬剤が共に語られており利用者からは比較検討されているようです。ちなみにゾルピデムはマイスリーの有効成分です。

単語

出現回数

出現率

ハイプナイト

95

19.0%

ルネスタ

33

6.6%

マイスリー

8

1.6%

ハイプロン

7

1.4%

メラトニン

6

1.2%

ロゼレム

5

1.0%

ハイブナイト

4

0.8%

ゾルピデム

3

0.6%

サイレース

3

0.6%

ゾルビデム

2

0.4%

カフェイン

2

0.4%

ベルソムラ

2

0.4%

エスゾピックS-ZOPIC(ルネスタジェネリック)の良いところは?ポジティブキーワード分析

意味のある形容詞として、もっとも出現頻度が高いのは「やすい・安い」というキーワードでした。500件の口コミのうち約80件で語られており、先発品であるルネスタと比較すると価格優位性が高いことが、選ばれている理由のひとつであることが分かります。

形容詞

出現頻度

出現回数

良い

20%

99

いい

10%

51

やすい

8%

39

安い

8%

38

眠い

8%

38

よい

6%

30

早い

6%

29

無い

4%

22

にくい

2%

9

ありがたい

1%

6

すごい

1%

5

嬉しい

1%

5

薄い

1%

4

エスゾピックS-ZOPIC(ルネスタジェネリック)の悪いところは?ネガティブキーワード分析

ネガティブなキーワードではダントツで「苦い」というキーワードが現れていました。多くの口コミでは飲んでから翌日にかけて苦味が残るのがつらいと評価されています。

形容詞

出現頻度

出現回数

苦い

15%

76

悪い

7%

33

少ない

6%

31

だるい

2%

9

辛い

1%

6

エスゾピックS-ZOPIC(ルネスタジェネリック)用法用量と副作用

用法及び用量 通常、成人にはエスゾピクロンとして1回2mgを、高齢者には1回1mgを就寝前に経口投与する。なお、症状により適宜増減するが、成人では1回3mg、高齢者では1回2mgを超えないこととする。
副作用等発現状況の概要 承認時までに国内並行群間比較試験でエスゾピクロンとして1mg、2mg又は3mgを投与された不眠症患者325例中、副作用が報告されたのは156例(48.0%)であり、主な副作用は、味覚異常(36.3%)、傾眠(3.7%)であった。また、外国並行群間比較試験でエスゾピクロンとして1mg、2mg又は3mgを投与された原発性不眠症患者1637例中、副作用が報告されたのは819例(50.0%)であり、主な副作用は、味覚異常(21.0%)、頭痛(10.7%)、傾眠(7.8%)、浮動性めまい(5.1%)であった。なお、以下の副作用において「頻度不明」は外国試験又は自発報告で認められたものである。
重大な副作用 1. ショック、アナフィラキシー様症状
頻度不明
ショック、アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、蕁麻疹、血管浮腫等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
2. **依存性
頻度不明
連用により薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、用量及び使用期間に注意し慎重に投与すること。また、連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により、不安、異常な夢、悪心、胃不調、反跳性不眠等の離脱症状があらわれることがあるので、投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行うこと。
3. 呼吸抑制
頻度不明
呼吸抑制があらわれることがある。また呼吸機能が高度に低下している患者に投与した場合、炭酸ガスナルコーシスを起こすおそれがあるので、このような場合には気道を確保し、換気を図るなど適切な処置を行うこと。
4. 肝機能障害
AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P、γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害(1%未満)、黄疸(頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
5. 精神症状、意識障害
悪夢(異常な夢)、意識レベルの低下(1%未満)、興奮(激越)、錯乱(錯乱状態)、幻覚、夢遊症状、攻撃性、せん妄、異常行動(頻度不明)等の精神症状及び意識障害があらわれることがあるので、患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には投与を中止すること。
6. 一過性前向性健忘、もうろう状態
頻度不明
一過性前向性健忘(中途覚醒時の出来事をおぼえていない等)、もうろう状態があらわれることがあるので、本剤を投与する場合には少量から開始するなど、慎重に投与すること。なお、ゾピクロン製剤において、十分に覚醒しないまま、車の運転、食事等を行い、その出来事を記憶していないとの報告がある。異常が認められた場合には投与を中止すること。

エスゾピックS-ZOPIC(ルネスタジェネリック)を安く買うならこちらから

エスゾピックを買うならこちらから

https://osakadou.cool/detail/023349_s-zopic1mg.html

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。